食品製造 短期(2~5日)

老舗の水産事業者で魚のエキスパートたちに囲まれ、海と生きる気仙沼の魅力を五感で感じ取る2日間!

【026】株式会社足利本店

インターンシップに応募する

実習内容

・水産資源の持続可能な利用を目指すために一緒に考える
・水産業、気仙沼の震災後の現状を知り、課題解決を考える
・水産物一次処理の製造現場で、気仙沼の新鮮な魚介類を製品化にするまでの仕事を体験する。
・食品衛生管理のHACCPを知る
・社長・社員とのフリートークも交え、「学ぶ」と「働く」を感じる

 

<作業風景>

 

■事業内容

世界三大漁場のひとつ三陸沖で操業する漁船の主要な水揚げ港である気仙沼漁港。この日本を代表する漁港に根ざした事業を行っているのが足利本店です。メインとするのは、気仙沼漁港で水揚げされた魚を買い付け、ブロックの形に捌き、消費地の卸業者に出荷する鮮魚冷凍魚出荷業。カツオ、マグロ、サンマ、サメ、メカジキ等を主に取り扱っており、特にカツオについては気仙沼の事業者でも上位の出荷量を誇っています。また、日本各地からやってくる近海巻き網船や小型延縄船の水揚げや燃料・食料等の仕入れを手伝う廻船問屋事業や、主に刺身原料や加工原料の魚を一次保管する冷蔵倉庫業なども展開。気仙沼からおいしい魚を世界に届ける一助を担っています。

 

■実施部署:潮見町工場

 

■企業URL:https://ashikagahonten.co.jp

 

<作業風景>

企業PR

1840年に海産物買付を生業として創業し、以来長年にわたり一貫して気仙沼を拠点に水産業を営む足利本店。東日本大震災で被災しましたが、早期の工場復旧により事業を回復でき、今後は事業を通して復興を牽引していくことが私たちの務めです。気仙沼で水揚げされた新鮮且つ豊富な魚を、丁寧に仕立て全国の卸売市場に出荷する事業を中心としながらも、全国の消費者に直接届けるECサイト「気仙沼素材屋」も運営。時代に応じた新たな試みにもチャレンジしています。また、工場見学や出張授業などを通して、水産業の魅力を広くアピール。「海と生きる」存在として、漁港に関係する多くの事業者たちと共に、気仙沼を盛り上げています。

業種 食品製造 / 水産物卸売業
職種 技術 / 業務改善・水産物PR(商品開発・宣伝)・衛生管理
インターンシップの期間 2018年5月1日~2019年3月31日
実習日数 2日間
実習時間 1日目8:00~17:00、2日目8:00~15:00
受入人数 3名
交通費補助 交通費:半額支給
昼食:弁当支給
宿泊:遠方の方はホテル(会社まで徒歩5分)を手配します(負担無し)
その他 JR気仙沼駅から送迎します。

インターンシップに応募する

【026】株式会社足利本店

実施所在地

宮城県気仙沼市潮見町43-1

最寄り駅

JR気仙沼駅から車で15分